<< 関心があるマッサージ | main |

スポンサーサイト

  • 2010.11.25 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


それとも大阪ながら出張マッサージないはずだ

明日の大阪の次に出張マッサージのだテレビコマーシャルは、疲労で倒れる前にオフィス自動販売機または冷蔵庫に達するのに苦労しているうなだれた目のロボットを呼び物にします。

魔法の万能薬の1杯の一口は彼らの顔に色を戻します、彼らは焼きたてのパンのように得意がって、彼らの歩み(おそらく現在日の残りを耐えぬくことができる)においてバウンドで職場復帰します。

その時はい、我々は最新のものは消耗との戦いにおいて武装するつまらない出張マッサージです居眠り。

麻痺状態の全国的異常発生と戦う努力において、会社は証明された解決の方を向いています。

昔は、我々は彼らの毎日の昼寝のためにメキシコ人をばかにしました。

おそらく、彼らは幾分すべての出張マッサージにそれ中でした団結して大きくないは冗談を言います。

最近の研究は疲労の生産性影響を定量化しようとしました、そして、結果はよろめいています。

出張マッサージ(アメリカの出張マッサージ)大学の公式公表)ジャーナルの2007年1月の号に書かれていている調査は消耗の年間健康関連のコストが失われた出張マッサージの点で1380億ドルにまさると主張したので、非常に危なくなっていて、それは力の居眠りにもう少しの考えを与える価値があるかもしれません。

下記は、仕事場で居眠りすることに関する2つの最近の記事からの抜粋です一部の会社は仕事中に居眠りすることを生産性とドンを増やさせますは昼食の後、叫びます私居眠りしている。

スポンサーサイト

  • 2010.11.25 Thursday
  • -
  • 15:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク